プロミスで早くにお金を借りたいときにはどうするべきか

お金に困ってしまってプロミスを利用する際に、とにかく早く借りたい場合にはどのような申し込みや手続きを進めれば良いのでしょうか?

 

プロミスですぐに借りたい場合には

プロミスのネット上の情報を見ると「Web契約が早い」と書かれていることも多いものですが、プロミスの即日融資はWeb契約の場合ですと平日14時までに完了させなければなりませんので、時間が過ぎてしまったり週末、或いは祝日ではプロミスから素早く借りられないことになります。

 

また、平日の午前中に申し込みをしたとしても、審査時間は最短30分と素早くなっていても時間がかかってしまう場合もあります。必ずしも30分で審査が終わるわけではありませんので、1時間やそれ以上にかかってしまうこともあるのです。

 

急ぎで借りたいのに審査に時間がかかってしまい、結局は14時を過ぎてしまったのではプロミスから当日中にWeb契約で借りることが出来ませんので、時間に余裕を持ちつつも素早く最短で当日中に借りられる正しい手順を知っておきましょう。

 

プロミスで最も早い手続きは契約機でのカード受け取り

じつは、プロミスで最も早くに借りられるのは、ネットではなく契約機を使う手続きとなります。プロミスの契約機は日本全国多くの場所に設置されており、営業時間も夜まで、基本的に年中無休で動いているために週末でも即日でのカード発行も融資も可能です。

 

プロミスのカードをすぐに受け取る

Web契約の場合には来店不要で自宅や外出先のスマホから手続きが完結出来る利点はありますが、カードの受け取りは後日の郵送となることや、上にも書いたように当日中の銀行振り込みによる融資は時間的な制限がきつくなってしまいます。

 

その点で無人契約機を使うプロミスのカード発行であれば、確実性を上げつつ素早く借りられるようになっているのです。

 

プロミスで契約機を利用する際のポイント

「契約機が早いなら今すぐ行こう!」と考えている方、落ち着いて下さい。プロミスでの手続きをよりスムーズに進めるためのポイントがありますので、最低限は以下の点だけ見ておいて下さい。

 

プロミスの申し込みはネットで済ませておく

プロミスでは申し込みはネットで行い、審査通過後の手続きは無人契約機で行えるようになっています。はじめからの手続きを全て契約機で行うことも確かに可能ですが、審査に落ちてしまった場合は機械まで行った時間、手間の全てが無駄になります。しかし、ネットで予め申し込みをして審査を受けておけば、仮に審査落ちとなってしまっても契約機まで行くはずだった時間や手間を節約出来ます。

 

ネットでの審査なら申し込みも手軽

店頭や機械での申し込みをすると申し込み用紙に必要事項の記入をする必要もあり、大きな手間となってしまいます。字のうまい方なら良いかもしれませんが、字を書くのが嫌な方や苦手な方にとっては苦痛にもなるものですので、画面上で入力で済ませられるネットでの申し込みは大きな利点となり得ます。

 

審査通過後なら手続きも早い

契約機で申し込みをするとなると、その場で審査結果が出るまで待たなければなりません。いくら最短30分回答とは言っても、いくら多くのブース内でWifiがあるとは言っても長くも感じられるものです。ネットでの審査を受けておけばそういった待ち時間もなく、審査通過後に契約に行くだけとなるために素早くサッとカードを受け取ることが出来ます。

 

 

プロミス

プロミスの特徴

素早く借りたい方に好評のネット申し込み後の自動契約機での手続きは、何も平日の昼間に限らずに土日や夜でも即日融資も可能となっています。お金が必要になることの多い時間帯であっても、プロミスならスピーディに借りられます。
また、お得な無利息キャッシングが出来る点にも注目で、メールアドレスとWeb明細の利用登録をすると初回30日間無利息になります。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
プロミスの総評

いつでもどこでも便利なプロミスであれば、緊急時でも何かと頼れるものです。所得証明も借り入れ金額次第では不要となりますので、素早く手続きが進められます。

 

 

審査通過後にプロミスの機械で行う手続き

プロミスで審査通過後の手続き

ネットで審査を受け、無事にOKとなれば契約機まで行きます。プロミスの契約機は無人とはなっていますが、機械には受話器が設置されているので分からないことはオペレーターに聞くことが出来ます。

 

審査通過後にも案内はされますが、ブースの中に入ったらまずはオペレーターにネットで申し込みをして審査に通ったことを伝えましょう。その後に進められる手続きは、申し込み内容が正しいかどうかの確認が主となります。

 

本人確認はもちろんのこと、自宅や会社への在籍確認もプロミスの担当者名で行われます。特に面倒なあれこれ聞くような電話ではなく

 

「○○(プロミスの担当者名)と申しますが、□□(申し込み者)様はいらっしゃいますか?」

 

のような簡単な一本の電話です。不安に感じる方は事前に職場に「カードの申し込みをするから確認電話があるかもしれない」と伝えておきましょう。わざわざ「何のカード?」と聞いてくる方もいないかと思いますが、聞かれた際にはクレカとでも言っておけば良いです。

 

本人確認書類などの必要書類は忘れずに

確認の中では必要書類の提出もあります。主に本人確認書類、借り入れ金額や状況によっては所得を証明する書類となりますので、審査通過後の契約機に行く前にしっかりと確認をし、忘れないようにしてください。もし忘れてしまうと契約が出来ないため、大きな時間のロスとなってしまいます。

 

全て完了するとプロミスのカード発行

本人確認や契約内容の確認が完了すると、その場で契約書類とカードが発行されます。受け取ったカードは限度額の範囲内で即日利用可能ですので、多くの契約機内に設置されているATMで使っても良いですし、帰り道や近くの提携コンビニで借りても良いです。ただ、提携ATMはカードが使えるかわりに手数料がかかりますので、なるべくならプロミスのATMを使いましょう

 

Web契約の場合はプロミスのサイト上での手続き

上に挙げたのはプロミスの契約機でのカード発行となりますが、来店をしないWeb契約の場合には全てサイト上で手続きを進めることになります。画面上の手順に従って進めるだけなので特に難しくはなく、プロミスが初めてのキャッシングの方でもスムーズに進められるようになっています。

 

また、カードや契約書類については後日に自宅に届きますが、差出人名は「プロミス」ではなく、「事務センター」などの周りからは分からないように配慮をしてくれます。それでも不安な方は、Web契約ではなく契約機や店頭でのカード発行とすると良いでしょう。

 

プロミスと他の借り入れ先を比べるなら

最短即日融資も可能で頼れるプロミスですが、他のキャッシングと比較をしたい場合には消費者庁を見ておくと良いでしょう。非常に多くの消費者金融情報が掲載されているため、プロミスと他を比較する際にも役立ちます。

 

プロミス記事更新情報

2017年4月28日:返済計画を立てて利用するを追加しました。

北海道 豊浦町 の情報

その他の豊浦町については「豊浦町 (曖昧さ回避)」をご覧ください。 沿岸部の気候は温暖であるが、冬は積雪量がかなり多く、特別豪雪地帯となっている。 この地は水に恵まれ、アイヌ語の「ペーペナイ」(水の豊かな川)[1]にちなむ、「弁辺」(べんべ[2])の地名がつけられていた。 しかし「べんべ」の音が北海道弁で女性器を示す言葉に似ていたため、農水産物が豊かで内浦湾に面しているところから「豊浦」と改名された。 沿革[編集]1882年(明治15年) 弁辺村・礼文村が虻田郡各村戸長役場の管轄となる。 1902年(明治35年) 弁辺村・礼文村が合併し、二級町村制弁辺村となる。 虻田村(現・洞爺湖町)と組合役場設置。 1909年(明治42年) 虻田村との組合役場を解消。 1932年(昭和7年) 豊浦村に改称。 1947年(昭和22年)7月1日 町制施行、豊浦町。 行政[編集]町長 村井洋一虻田町・洞爺村と合併協議会を設置し、新町名を「洞爺湖町」とするなど必要な協議は全て終了していた。 しかし、2005年(平成17年)2月に行われた合併の是非を問う住民投票で反対が多数を占めたことを受け、合併協議会から離脱している。


【北海道 豊浦町 のニュース】

翌年ようやく開拓使室蘭出張所の管轄下に置かれ、西紋鼈戸長役場に属した。 後世、恵比須神社は稲荷神社に合祀されている。 1910年(明治43年)の噴火では水蒸気爆発と泥流が発生し死亡者が出た。